娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

銀河鉄道999(追記あり)

ある日、息子が、歌詞を書いた紙を持ち帰りました。
「ママ、この歌知ってる?」
…知ってますとも!!!

おや?
息子の字で、日本語訳が書いてあるぞ。



これ、何に使うの?
「今度の運動会のダンスの曲」

ひえ~っ!!!
どうやって踊るんだろ???

それにしても、スリーナイン。
なつかしいなぁ~うう懐かしい。
これ、歌えるよ~。

…と、突然、思い入れたっぷりに歌いだした私。
なす術もなく、見つめる息子。
一番を歌い終わって私が一息つくまで、唖然呆然、ぽか~んと口を開けてた。
…止めようと思っても、どうしても止められなかった、らしい(笑)

横でいぶかしげに聞いてた娘、一心に「タケカワユキヒデ風」に歌う私に向かって、
「もっとキレイに歌った方が、いいんじゃない?」(笑)

息子、「いやよく似てる、雰囲気が似てるよ」(笑)

あれは中3の時。
友達に誘われてアリスのコピーバンドやったついでに、
今なにかと話題のアバや、ゴダイゴのコピーを試みていました。
もちろん、スリーナインも。
来る日も来る日も、テープに合わせてやたらに歌ってたあの頃。
…いったい、なにをどうするつもりだったんだろうか(笑)

結局、人前で演奏したのは、ゴダイゴの「Beautiful name」のみ。
当時大ヒットしたこの曲は、クラスでもとても人気がありました。
クラス対抗合唱大会へエントリーする段になって、
「やるなら私、楽譜書いて、伴奏弾くよ?」と言ったら…あっさり、決まっちゃった。
…ある意味、やりたい放題。

しかし、あの楽しい伴奏を独り占めするのは、ちょっと気が引ける。
2本の手では、あのゴージャスな雰囲気が出ない。
そう思って結局、連弾の形に編曲し、バンド友達と一緒に弾くことにしました。
みんなと一緒に毎日練習して、楽しかったぁ。

そして当日、合唱大会での評価は。
「歌の出来以前に、これは合唱に向いてる曲ではありません。選曲がまちがってます」
…ですって。散々でしたね。あはははは~…

さて、話は元に戻って。
どうも息子はこの曲が気に入った様子で、
日本語訳や曲全体の意味、アニメのストーリーなどを、しつこく確かめたがります。

うーむ。
こないだのジョン・ウィリアムズといい、今回のスリーナインといい、
当時の熱狂をまるで知らない子どもが聴いても、何かしら感じる…曲自体が持つパワーって、やっぱり、あるんですね。

もしかしたら、「私の好きだった曲を、別のところで聴いた息子が気に入ってる」ってことが、単にうれしいのかもしれませんけれど。

そういえば、アバや、富田勲の「惑星」、リチャードクレイダーマン、「たいやきくん」なぞは、
私の父が気に入って、カセットテープやレコードを、休日に一日中大音量でかけたり(笑)、ドライブの車中でしょっちゅうかけたりしたので、いつの間にか覚えた曲でした。
(鈴木メソードと同じか)

すると、ピアノの先生の結婚式の時、とある参列者の方が、
「『たいやきくん』の替え歌を歌いたいが、誰か伴奏をしてくれませんか」
と言われて(ピアノの先生だから当然、BGMは全部生徒の生演奏)、
「私やります!」って即座に手を上げられたのは…父のおかげかな。

私より上手な友達が、「知らないから弾けない…」って渋ってたのを、「あんな有名な曲弾けないわけないだろう」って、1人じゃ恥ずかしいから無理やり壇上に連れ出して、連弾の伴奏にしちゃったのは…またまた私です。ごめんなさい。

あれ?
いつのまにか、「親の好きな曲を、子どもも好きになる」という話になっていないか?

ま、いいや。

運動会が、楽しみです。
たぶん、絶対、一緒に歌うぞ。


追伸(手紙でもないのにおかしい?)
野球部の体験入部、予想に反して?順調です。
先週は、スクワット100回以上の筋肉痛で、泣いてたくせに…
今週は気持ちも新たに、早起きもなんのその。笑顔で家を出て行きます。
ほんとに入るのかなあぁ。
土日祝、全部練習あるんだよ。

こうしてまだびびってるのは、母親の私。
疲れて日常生活がちょっと緩んでる息子に付き合ってるのは、娘。
こらー。

【追記】
ダンスに使うスリーナインの曲は、ゴダイゴのオリジナルじゃなくて、EXILEが歌っているらしいです。
時を経ても、誰が歌っても、名曲なんですね~。
[PR]
by Caroline-h | 2008-05-18 23:21 | 音楽