娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

悩めるあなたに~「スーパーマン」と「スターウォーズ」

吹奏楽を少し長くやった人ならば、そして私と同じ年代の方ならば(何歳?)、
この2つの映画のテーマ曲を、演奏したことのない人はいないでしょう。
(アマチュアオーケストラでも、どんどん演奏したらいいですよねぇ…って、難しい?)

しかしこの2曲。
思い出そうとするとごっちゃになって、何がなんだかわかんなくなる。

昔、わざわざこの2曲をメドレーでやったことがありましたっけ。
みんな、混乱するする(笑)

スーパーマンの曲を歌っていると、いつの間にかスターウォーズになってしまいます。スターウォーズにならないコツを教えてください。
…この人の気持ち、よ~く分かります。



先日は、娘がお世話になっている合奏教室と弦楽団、合同の定期演奏会でした。

彼女の出番は3曲。
泣く子も笑う「ホルベルク組曲」と、ヴィヴァルディ「四季」より「夏」、
アンコールの「アンネン・ポルカ」。
…この「なんとかポルカ」っていう名前の曲も沢山あるんだよね。いつもわからなくなる。

しかし今回、本番近くなっても、娘の練習してる気配がない。
個人レッスンの曲は練習するのに。
合奏時間イコール練習時間にしちゃってるのでは…?

上手な人たちに混ぜてもらうからって、それでいいのか?
ステージリハの時間が、予想外に長くなったのは、もしやキミたちのせいではないの?

指揮台を降りた先生方の、息がはずんでる。
汗が流れてる。
それにひきかえ…!(以下略)
とにかくそっちの曲も、家で練習してみたら?
…ってな具合で迎えた当日。

いや~。
幹事・舞台裏方という、久方ぶりに格好のポジションを手にした私。
ついうれしくなって、客席には一度も入らず。
…思えば学生時代・音楽事務所バイト時代、面白かったなぁ。

何が面白いって、
本番前の心地よい緊張と、演奏中の「今だけ!」、贅沢な感じ。
演奏後、「これで終わった…」という安堵感。
それを、「演奏することなく」味わえる。
…やっぱり、ずるい?

でも、他の人の自己表現を最大限助ける、って…
今気づいたけど、コーチングとおんなじじゃ?
そ、そうだったのか…

閑話休題。
そういうわけでごめん、娘よ。
舞台袖の小さな窓から、あなたの後姿とボウイングは、ちゃーんと見えましたよ。
がんばったね。

…で、なぜか話は本番前に戻るのだけど。

あれほど練習したら?と心配する母をよそに、
子ども達が熱中していたのが、

ジョン・ウィリアムズ指揮、ニューヨークフィル演奏の、
とんでもない演奏会のライブ録音。

ちなみにプログラム : 以下のページより転載
http://nextweek.operacast.client.jp/nyp2007.html
-------------------------------------------------------
2008/01/03
アヴェリーフィッシャーホール 2007/09/14-16
ジョン・ウイリアムズ指揮

ジョン・ウィリアムズ:雅の鐘
ジョン・ウィリアムズ:映画《フック》から“ネバーランドへの飛行”
ジョン・ウィリアムズ:映画《ジェーン・エアー》組曲
ジョン・ウイリアムズ:映画《ハリーポッター各映画》からの組曲
ボック/ジョン・ウイリアムズ:ミュージカル《屋根の上のバイオリン弾き》抜粋
ワイティング/ジョン・ウイリアムズ:映画《聖林ホテル》から“ハリウッド万歳”
レーン/ラーナー:映画《恋愛準決勝戦》から“ユーアー・オール・ザ・ワールド・トゥ・ミー”
ドゥポール/マーサー:映画《掠奪された七人の花嫁》から“この美しき肌に幸あれ”
アンドレ・プレヴィン/ベッティ・コムデン&アドルフ・グリーン:映画《いつも上天気 》から“アイ・ライク・マイセルフ”
フェイン/フリード:映画《錨を上げて》から“ウォリー・ソング”
ブラウン/フリード:映画《雨に唄えば》から“雨に唄えば”
ジョン・ウイリアムズ:映画《SAYURI(サユリ)》から“サユリのテーマ”
ジョン・ウイリアムズ:ジョージ・ルーカスとスティーヴン・スピルバーグへの賛辞
--------------------------------------------------------------------------------
すごいです。マニアにはたまらん。
ぜ~んぶ、ジョン・ウィリアムズの指揮、ですから~。
あぜんぼーぜん、なんじゃそりゃあ。

ハリーポッターのテーマも、ジョン・ウィリアムズだったのね。
イギリスの魔法学校という舞台のせいか、使う和音も雰囲気も、スターウォーズなんかとは全然違う。
けど聴き進めていくと、ああやっぱりなあという、特徴的な音の跳躍を耳にすることができる。

特にすごいのが、トリの「ジョージ・ルーカスとスティーヴン・スピルバーグへの賛辞」
これ、お聞かせできないのが非常に残念です。
ジョーズに始まり、スター・ウオーズ、インディ・ジョーンズ、E.T.のテーマ…だったっけ。
映画を全部見てないから、少々自信ないのですが。
でも、なんなんでしょうねぇ。
テレビで見たスター・ウォーズにワクワクした、子どもの頃の自分を思い出して、妙に胸が高鳴ったりするんですね。

ところが。
どれひとつとして映画を見てない子ども達が、この曲をひどく気に入ってしまったのです。
繰り返し繰り返し、実に執念深く聴いてる。
「ヴァイオリンやチェロの曲なんかじゃなく、あれをかけてくれ」ってうるさいこと。
これはまたいつか、DVDでも借りて、見せてやらなくちゃ。と思いました。

おそるべし、ジョン・ウィリアムズ。
[PR]
by Caroline-h | 2008-04-24 00:31 | 音楽