娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ラソファミレ

楽器に限らず、何事も習熟して自由自在…に至るまでは、ひたすら修行。
修行の過程を存分に楽しめる人は、ほんとうに幸せだと思う。



11月末の〆切前に、うちの娘はヴァイオリンの課題曲を録音・提出することになっている。
いや、別に出さなくてもいいんだけど、まあ成り行きというか、先生も子どもも出すのが当然、っていう雰囲気になってて、つまり出さなくちゃいけないんだけど。

話はここで、ちょっと脇にそれます。
こないだ本屋さんに行ったら、来年用の手帳が山積みになってた。
100マス計算で有名になった陰山先生の手帳、なんていうのをふと見つけて、覗いてみました。
たしか見開き1週間、だったと思うけど、そこに1つずつ、先生の格言めいた言葉が載っていました。

で、正確な言葉は忘れたけれど、
「最初は詰め込みでもいい、小さなことでいいので、なるべく早く成果を出させること。成果が出たら、やる気がついてくる」
みたいなことが書いてあった。
そうだなぁ…。
最初は多少、摩擦にあっても、結果オーライってこともあるよね。
なぜか、深くうなずいた私。

やっぱり、コーチングだけじゃなくて、ついついティーチング、したくなるわけ。
これって、子どものこと信じてない、ってことになるのかしらん…
いやいや、先人の智恵を学ぶって、大事なことよね。
本当のスタートは、そのあとなんだから。

そういうわけで、今日も娘のヴァイオリンを見ていた。
今日の私は、「ラソファミレ」とつながったメロディを、軽く弾き飛ばしている娘の様子が、どうにも我慢できない。
先生が、「メロディが切れないように」っておっしゃってたの、そういうことじゃなかったかしら?
弾き飛ばすと、弓を上下に返したときに、メロディがぶつぶつ切れる。
つまり、弓の返し方のほうが、メロディラインより優先されてる状態に聞こえる。

そこで、技術的なことをいくら言っても、実は全然分かってもらえない。
「なぜ」そういうことをしないといけないのか、彼女にはわからないからだ。
彼女は理屈で動くから。

で、思い余って
「ラソファミレ」はね…(以下、思い入れたっぷりに)
「ラー」…「ソー」…「ファー」…「ミー」…「レー」…
ぜ~んぶ、それぞれの音の気持ちが、違うんだよ。

「ラー」と「ソー」の気持ちは、少し違うんだよ。分かる?(歌ってみせる)
ぜ~んぶの音が、違うんだよ。
違うから、バッハは、みんな違う音を書いたんだよ。

…なんだか、わかるようなわかんないような説明だけど(笑)
要するに、「ラソファミレ」ってただ歌うだけでも、音の連なりが降りてくることで、同じ人間としてなにか感じるものがあるでしょ。ってことなんだけど…

「調によって雰囲気、カラーが違う」っていうお話に似てるかな。んーちょっと違うけど。

音型によって、表される感情、訴えたいものが、ある程度伝わってくるでしょ。
作曲家は、なにかを伝えたいからこそ、そういう音の連なりを構成して、ひとつの曲を作るのよね。

…う~ん。説明がうまくないな。
ま、それはともかく(とごまかす)

とにかくさ、一つ一つの音をよく聴くと、違う印象を受けるでしょ。(これは受け入れられるようだ)
弾くときに、違うと思ったら、そういう風に弾いてほしいわけ。

最初は、頭で納得しながらも、どこか気が進まない様子の娘。
つまり、「今までの私が、ちゃんと弾いてなかったみたいに言われる」のが嫌なのだ。
一生懸命弾いてたんだもの、そりゃそうよね。
だから、1回ぐらい弾きなおしたところで、素敵な音は出てきやしない。

ヴァイオリンって正直。
弾いてる人の心を、そのまましゃべっちゃうんだもの(笑)…恐ろしいとも言えるな。

よっしゃ。
覚悟を決めた私は、
「もう1回!」
「うん、後半はとってもすてきね。前半も同じくらいリラックスして歌える?」
「うーん、だいぶよくなってきた。もっと歌っていいんだよ。フォルテでできる?」
「後半はいいねぇ~、前半もっと!」

…ますます、娘の顔がげっそりしてきた。
しかし、何回も繰り返していると、そのうち…「体得」する瞬間がやってくる。
これがくれば、しめたもの。
できない緊張が取れて、体全体がリラックスして、顔が輝きだします。

「できない」という思い込み、「何が『できる』のかもわからない」状態から、
「これが『できる』ということか!」状態へ移るには、ちょっとしたパワーと根気が必要だなぁ…と思います。

思うにこれは、コーチングだけではないのかも知れないな。

ひるがえって、わが身。
最初は、詰め込みでもいいのよね。我慢我慢。
たははは~…がんばります~。
[PR]
by Caroline-h | 2007-10-21 00:36 | 音楽