娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

鉄道博物館・開館初日

b0009665_0443056.jpg
秋葉原から大宮へ移転し、鉄道の日に新装オープンした「鉄道博物館」。
入れ物が出来上がり、中身が搬入されたあたりから徐々に、あらゆる媒体でちらちら紹介されておりましたが…

それを我が家の「鉄ちゃん1号・2号」こと、パパと息子が見逃すわけがない。
オープン初日・混雑必至・いまや鉄道マニアの聖地・大宮へと、2人ははるばる、馳せ参じたのでありました。



そしてその日、娘は…
午前中・聖蹟桜ヶ丘(多摩市)で合奏教室。
午後、個人レッスンのヴァイオリンの先生門下生が集まって、グループレッスン(中目黒)

こちらの付き添いは、ひとりで十分。しかも、ひたすら待つのがお仕事。
…というわけで、「鉄ちゃんず」には「これ幸い」な機会だったのでした。

娘はそろそろ、1人で行動してもおかしくない年齢ではあります。
が、午前中の合奏教室で、私は幹事。
もう1人の幹事の方が合奏教室をやめることになったので、子どもたちの練習中に、新幹事の方との引継ぎをしておりました。
…はぁ~、幹事って、大変。会社の方が仕事も責任も明確で、楽だったなぁ~…(苦笑)

ついでにどうでもいいけどこの日の昼食は、電車乗り継ぎ1時間ほどかかって到着した中目黒の教室にて、コンビニ調達のおにぎり2個を、5分で完食。

…で、「鉄ちゃん1号・2号」は、どういうお昼だったの?

 2号 「お昼ご飯は、2時だったんだぞ~っ!」

それって…どういうこと?
インタビューの結果、判明した事実。
・1時間ほど寝坊したため朝8時に家を出て、JR中央線武蔵小金井駅より大宮を目指した。
・鉄道博物館着は、開館時刻10時より15分遅れ。
・その時点ですでに、入場まで2時間待ちの行列ができていた。<写真左奥の建物が博物館。クリック拡大b0009665_0493188.jpg
・2時間並んでやっと入場、正午ちかく。
・館内の食堂は2箇所あったが、どちらも1時間半待ち。
・売店でお弁当を売っていたが、すでに売り切れ。
・鉄道博物館向かいのコンビニで買出してこよう…と思ったが、「途中退場・再入場不可」のためあきらめる。
・1時間半並ぶか?と居直りかけたところへ、売店に弁当入荷のアナウンスが!15分ほど並んで購入。
・2号のお弁当は、「宮城・海のごっつぉ・南三陸・海宝弁当(かき飯・はらこ飯・2種の炊き込みご飯に、宮城名物の海鮮素材をちりばめました)」の、その時あった最後の1個だった。
・食堂以外に座って食べられるスペースがあるらしく、そこで2人並んで座って食べた。
・模型を使って、鉄道のしくみ…どの車輪の形状ならカーブを安全に曲がれるか…などを学べるコーナーがあったらしい。
・展示車両の中の座席には、本当に座れる。窓の外の風景が変わるわけではないので、意外にすいてたらしい。
・運転シミュレーターは今回、体験できず。

b0009665_15953.jpgb0009665_155043.jpg…いやはや。ご苦労さまでした。
人ごみ・行列が嫌いという理由で、ディズニーランドへもほとんど行ったことがないパパ。
(つまり私たちも結婚以来、子どもが乳幼児の時代に1回行ったきり。子どもは覚えてない…)
よくぞ行ってきましたねぇ~。
b0009665_165611.jpg
今度、私たちも連れて行ってね。
ついでに娘の悲願のディズニーリゾートにも、そろそろ連れて行ってやってくださいませね。

少しウケた写真。
b0009665_1151668.jpg
チェロには「指板(しばん)」なるものがあります。
ギターで言うと、左手で押さえる、フレットが刻まれている長い棒?の部分。
チェロでもおんなじだけど。
もちろんこの写真は、日本初の鉄道駅のひとつ、「新橋」駅のことだと思われます。

*******************************************
今度は、ヴァイオリン組のお話。
中目黒へ電車で移動中、私たちともう一組の親子、合計4人で、優先席に座っていました。
子どもたちは同級生で、親同士もほぼ同年代。お互い仲良しです。

そのお母さまの、少しウケた一言。

ある駅で、ベビーカーの親子が乗ってきました。
席を譲ろうとしたら、1歳過ぎのお子さんは「窓の外を見るほうがいい」から、このままで結構です、とママがおっしゃったので、そのままお話をしていました。
しばらく楽しそうにお話されたあと…同級生のお母さまがくるりと私の方を向いて、おっしゃいました。

「かわいいわねぇ…もう、孫、みたいな気分よ…」

ち、ちょっと待って…!
我が子たちはまだ、小学生なのよ(笑)

しかし冷静に考えると、「早い人には本当にもう、孫がいるかもしれない」ことに気づきました。
身が引き締まるのか、力が抜けるのか、よくわかりませんが…明日は明日の風が吹く!(なんのこっちゃ)
[PR]
by Caroline-h | 2007-10-16 00:41 | つれづれ・ハプニング