娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

初心に帰って…言わないでいる

今月の私は、自分に焦点を当てることにしました。
名づけて、「初心に帰る月間」。…まあ、今ひねり出した言葉ですが。
今までくすぶっていたものを表に出して、思い切った決断もし、少しすっきりしてきました。
もっとすっきりしたいなぁ。するぞ~。

で、最近の、私から子どもへの声がけ。
「声を枯らしている割には、その成果が薄い」という、はたから見ればあまりにも明らかな現状、に改めて気づきました(笑)
これじゃあ、コーチングを学ぶ以前の私じゃない~。



人さまのことはよ~く見えるのに、自分のこととなると、さっぱり見えてない。
感情とか思い込みとか体調とか、いろいろね。あるんですよね。

初心に帰って、子育てコーチング本をぱらぱらとめくってみました。
…いやぁ、やっぱり、まずいなこりゃあ(笑)

とりあえず、初心に帰って。

昨日、やってみたこと。
・環境を整える(部屋の掃除)
・見守る(観察するけど、それをあれこれ言わない)
・指示しない(こちらからやって欲しいスケジュールや段取りは、とりあえず言わないでいる)
・「がんばれ」じゃなくて、「がんばってるね」と声をかける

…なかなかうまくいきました。
子どもたちは、自分でやるべきことに取り掛かり、寝る時間までに全部は終わらなかったけど、思ったよりはちゃんとやっていました。

この、「思ったよりは」ってところが、いかにも失礼ですよねぇ。

環境を整えると、やる気が出る。
見守ると、子どもが自発的に何をするか、よくわかる。
指示しないでいると、自分で考える。

そして、「がんばってるね」と言ったら、誇らしげな顔をして「うん!」とうなずいた息子。
…その時、実は私の心の中では、「これぐらい、たいしたことないじゃん…」という悪魔の呟きが聞こえていたのだけれど。
やっぱり、無視して正解!

今日は、やり方を少し改良して、
・やって欲しくないことを、最初にお願いしておく(「夜遅く、楽器の練習をしないでね」)

…これで、まあまあうまくいきました。

私の思う「最高の出来」では、もちろん、ありませんが、要するにそんなことはどうでもいいのです。
彼らがこれから、いろんな方法を考えて、ヒントをもらって、一番いい方法を選び取っていくのだから。

初心に帰りま~す。
[PR]
by Caroline-h | 2007-09-22 00:42 | コーチング