娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

夏休みの生活リズム

とうとう、夏休み本番です。
親子共に、リズムが狂う季節(…なのか?)。

自分で時間割を立てさせたりしたこともあるのですが、今年は同じように声をかけているつもりでも、どうも反応が鈍い。



プレジデント Family (ファミリー) 2007年 09月号 [雑誌]
/ プレジデント社
この中に、
 「脳がフル稼働する時間帯はいつか~昼間は遊んだり、寝ていたほうがいい~」 by池谷裕二
という記事がありました。

いわく、
「人間も含めて、地球上に生きるほとんどすべての生き物は」、「サーカディアンリズム(概日リズム)」に従って「活動したり、休息(睡眠)したりします。」

で、本文にはいろいろ書いてあるのですが、その見出しが…
「午前6時 眠そうでもラジオ体操に行かせる」
「午前7時 朝ご飯は腹八分しか食べさせない」
「午前8時 10時を目標にとにかく机に向かわせる」
「午後1時 テレビゲームを許すとしたらいま!」
「午後4時 夕食の時間まで再び机に向かわせる」
「午後9時 眠くなるまで英単語や年号を覚えさせる」

…いやーすごいですねぇ。
親が勉強させる、管理しちゃおう、という実感がこもってます。
いい悪いじゃなくて、突き詰めるとそういう欲求がある…ということなんでしょうか。
コーチとしては、やはり「~させる」という語尾が気になりますが…今日の本題は、そこではないんです。

とにかく、リズムのある生活、規則正しい生活、けじめのある生活をしたいんです。
…親子ともに!(笑)

で、上記のリズムの根拠となる文章を、ふむふむ、なるほどー。
…と読んだついでに、息子に見せてみました。

すると…予想外の反応が!

彼は私から本をひったくり、娘の所へ駆け寄りながら、嬉々として叫びました。
「ねえねえ、これ見て!ゲームは1時からやればいいんだって!!!

そ、そういうつもりじゃ…(笑)

しかし、驚くべきことが、また続けて起こりました。

さっそく10時には勉強をやめるために、集中して宿題をやり始めました。
10時には、明るくすっきりとおやつを食べて。
お昼ごはんの後は、どうどうとぐ~たらし、その後ポケモンの映画をTVで見て。
さんざんぐ~たらしたあとに、4時きっかりから、またお勉強・ヴァイオリン・チェロ練習タイム。

結局、夕食までに、最低限のやるべきことが、あっさりと終了してしまったのでした。
最近、この簡単なことが、どうしても、どう声をかけても、できなかったのに…
(コーチとしてそれはどうなのか?という疑問は、さておき)

たぶん、声のかけ方がうまくなかったのですね。
いやなことばっかり、がみがみ言われてた感じ、だったんでしょう。

自分の思い込み、視野の狭さ、ドツボにはまっていたことが、久しぶりにはっきり分かって…かなり爽快な一日でした!
いや~まいった。
[PR]
by caroline-h | 2007-07-27 00:58 | 子ども