娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

駅までサイクリング

ついにこの週末、息子の自転車を買いました!
今度は堂々の、24インチです!
これで、あと2年ぐらいはいけそう、との自転車屋さんのご宣託。

おじさんいわく、最近の男の子は、小6から中学ぐらいになると、マウンテンタイプに乗るのを恥ずかしがって、いわゆるママチャリタイプになるのだそうです。ええ~っ!

最近の小学生低学年って、やたらにマウンテンタイプに乗りたがるのにねぇ。
うちの娘もマウンテンタイプに乗っています。もうちっちゃくなりかけてるけど。

ママチャリタイプと言っても、 つまりハンドルが高くて、座席が低くて…私のイメージでは、いわゆるアメリカンバイクのスタイル。
それの、男の子向けのデザインに乗るのだそうです。
そう、近頃流行の、ベルトをうんと下げてはくズボン、みたいなもの?



まあ、それはともかく。

今までは、幼稚園時代に買った16インチ(もと補助輪つき)でしたから、いやはや大きくなっちゃって、あっという間に娘よりも大きい自転車になってしまいました。
当然、娘もほしくなったのですが、もう少ししたら大人と同じものが乗れるよ、今買い換えたら次は2~3年は買わないよ、と言ったら、「もう少しこれでいい」…ほっ。

今まではトイザらスやイトーヨーカドーで買っていたのですが、今回初めて近所(と言っても、うちから1キロ以上ある)の自転車屋さんに行ったら、状態の良い中古で、お値段なんと3500円。
しかもハンドルもサドルも、いくらでもぴったりの高さに調整してくれるし、プロのアドバイスはもらえる。
乗っていった16インチは、500円(粗大ゴミ券)で引き取ってもらい、登録しなおし500円と合わせて…しめて4500円!

1万円ぐらいは覚悟していたので、…Wow!!! ハッピー♪☆

近くの公園でしばらく慣らしてから、次の目的地、府中駅へと向かいました。
…途中、さっきの自転車屋さんを通ったら、おじさん、16インチを丁寧に洗っていましたよ。
うぬ。粗大ゴミに出すんじゃなくて、また売るのではなかろうか。
だから、24インチも、こんなに安かったのかも…?

ま、その辺は自転車屋さんにお任せして、われわれは、次のミッションへ。
そう、南武線西府駅建設予定地を見学に行くはめに!

…ええ、ええ、息子のせいです。

社会で、自分の住む町のことを調べるのに、どうしても、西府駅の予定地を「直接」見に行く必要があるんですって!
もちろん、彼がそう思ってるだけで、誰もそんなこと強制してないのは分かりきっていますが、彼としては、行かずにすませられない気分だったようで。

んもう、どうせまだ全然工事が始まっていなくて、な~んにもないんでしょ?
と、ぶーたれつつ、いやー、母親って弱いですねぇ。
彼がいなければ、もちろん、暑いさなか、あんな辺鄙なところに行ったりしませんとも。ええ。

と、いうわけで、とりあえず、親子4人で、府中駅までサイクリング♪

いつぞや娘が、「友達と駅まで自転車で買い物に行っていい?」と言ってきた時には、即座に「ダメです!」と却下したのです。
だって、お友達のうちに比べて、うちからだと2倍くらいの距離になってしまうし、道中なじみのない道ばかりだし、子供ばかりでそんなところへ行くのはやっぱり、ね。

しかし今回、なぜかパパが知ってた裏道(なぜだ?)は、地元の自転車を使う人たちには有名らしく、いい感じに細くて、住宅街の中を通り抜けていきます。
と言っても、もちろん今すぐ子供たちには許可しませんよ。
でも、私が駅まで行くのには、ちょうどいい道だわ~。
子供たちもそのうち、大きくなれば使うでしょう。

その子供たちは今回、ようやく念願かなって?大喜び。
ほとんど車はこないし、家族一緒で私たちも安心だし、思いがけず楽しい道中でした。

駅近くで昼食、その後「分倍河原」まで一駅乗り、そこから歩いて、西府駅建設予定地へ。
…遠かった…暑かった…
けれども私たちは、めげませんでした!

予定地は当然ながら、南武線の線路があって、びゅんびゅん電車が走っています。
息子はもう、パワー全開、元気いっぱい!
それにひきかえ彼以外はもう、全壊寸前(笑)

おまけにここは、自動販売機もお店もない、まるで荒野(地元の方、失礼!)です。
用地買収はほぼ済んでいるらしく、周囲には小学校と、ぽつん、ぽつんと民家や、遊休農地?とおぼしき林、あとは空き地の裸土に、じりじりと照りつける初夏の日差し…。
しかたありませんよね…。

思わず目に付いた公民館に飛び込んで、一休みしてしまいました。
息子はそこで、持参したお手製のノート(色紙にパンチで穴を開け、紐を通して作った)に、なにやら一生懸命メモをしていました。

帰りはまっすぐ、甲州街道まで北上し、そこからバスに乗って、自転車を置いてある府中駅まで。
「それなら私にだって、行きたいところがある!」という約1名のご要望にお答えして、駅近くのおもちゃ屋さんへ。
お小遣いで、なにやらカードゲームの補充カードを購入した模様。
私が見たら、あんなくだらないもの…という代物ですが、彼女のお小遣いです、気の済むようにさせましょう。

買い物がすんだら、いよいよ自転車で帰り道。
往復したおかげで、息子だけでなく、娘もひやっとしたりして(!)、自転車での貴重な経験ができたようです。
私もリフレッシュできたし。

久しぶりに、うちらしい、個性的な休日でした。
[PR]
by caroline-h | 2007-06-19 00:39 | お出かけ