「ほっ」と。キャンペーン

娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

国会議事堂・大臣室や議場、そのほかシリーズ

b0009665_0365881.jpg
閣議でよくテレビに映る、大臣室。
背後の窓外に、美しい緑がこぼれんばかりに茂っていることに、気付きました。
思ったよりずーっと、素敵なお部屋です。

うちの応接室か、居間だったら、いいな。
居心地よさそう。




b0009665_043964.jpg大臣室と廊下を挟んで斜め向かいには、男女のトイレがあります。
女性用は例によって行列ですが、そこで並んだ方と打ち解けて、お話をうかがうと、

「別にしたいわけじゃないけど、国会議事堂のトイレなんて今日じゃないと見られないから、ちゃんと見ておかなくちゃって思ってさ」…同感!

思ったより女性用は狭い!
しかも、ええっ?と驚くことに、2つしか個室がありません。

いま、女性大臣は、何人いらっしゃるのでしたっけ?
議事堂へ出入りする女性って、大臣以外にも速記の方とか、いろいろいらっしゃるでしょうから、たとえ大臣室の前だから他の人は使わないんだ、と言っても、この数で足りるとは、到底思えません。
居並ぶおばちゃまたちと顔を見合わせ、「やっぱり、今時ここでは、まだまだ女性は、圧倒的に少ないのね」と苦笑してしまいました。

しかし同時に、こんなに贅沢な気持ちにさせるつくりのトイレを、私は今まで経験したことがありません。

床や洗面台に使われている、重厚な光を放つ、堂々たる大理石?たち。(自分の知識と経験のなさが、骨身にしみます)
個室のドアは、明らかに複数の草木のようなものを綺麗に並べて、束ねたように見えるもの。かなり凝っています。今は亡き父方の祖父が見たら、それぞれ何をどのようにして作ったのか、説明してくれたでしょうに。そう、大理石なんか使っていますが、明らかに和風系統のつくりです。
…今の私の乏しい知識では、こんな見当はずれの描写をするのが、精一杯。お許しを。

この直後に訪れた新丸ビルや、他のたてものと比べるのは悪いけれど、しかし。
えりすぐりの果汁100パーセントジュースと、5パーセント果汁の色つき砂糖水ぐらいの違い、を感じました。
とにかく、いい材料を惜しげもなく使ってることが、素人にまでわかるんだもの。
すごい。すごすぎる。

b0009665_115049.jpg同行した娘は、あとで「国会議事堂で一番、心に残っていることは?」と聞かれて、
「すごくきれいだった」と言い、やはり内装の素晴らしさを「体感」したようでした。

そのあと、速記者が、見学者自身の名前を記念紙に書いてくださる、という無料サービスまで受けました。そうそう、速記だけじゃなく、見学全体が無料・予約不要でした。

警備の方たちなど、議員さん以外で議事堂のために働いていらっしゃる方々は、たぶんこの2日間、総動員だったのでしょう。
親切に誘導していただき、ついでにいろいろと説明してくださったりして。
警備の制服男女と一緒に、議事堂バックに、持参したカメラで写真を撮ってもらえるサービスもありました。もちろん無料!

…憲法のことはよくわからなくても、憲法や国政にかける熱い意気込みは、建築当時の内装から、十分伝わってくるような気がしました。大人子ども、関係なく。それほどのパワーでした。感服。
[PR]
by caroline-h | 2007-05-10 00:38 | お出かけ