娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

軽井沢大賀ホールでのコンサート、休憩時間には

b0009665_111147.jpgこんなこともできちゃいます♪

音楽とカモ(というか、動物)が好きな娘には、たまりません。

ホールは、こんなきれいな池に面して、というか、囲まれて、浮かぶように静かに、建っているのです。
なんて、贅沢なんだろう。




b0009665_137792.jpgホールのロビー内部方向を、ロビーが面しているテラス外側から眺めたところ。
と言っても、そのガラスには、すぐ前にある池が映りこんでいて、内部はほとんど見えていませんが。

休憩時間には、このロビーから、ガラスの扉を開けて、外のテラスに出られます。
このテラスは、どうも、喫煙コーナーも兼ねている様子。

軽井沢の清冽な空気を吸うために、外に出る人も大勢いたのですが、すぐに潮が引くように、まばらになりました。

b0009665_1441197.jpg都会ではよく、「鳥にエサを与えないでください」って張り紙がしてあるけれど、ここでは「カモのえさ」を、ロビーで売っています。

…「地球にやさしい」という言葉、やっぱり苦手。
日々、地球上のさまざまなものを食い尽くして、利用しつくして、こうしてのうのうと生きているのに、「やさしい」なんて…。
知恵を働かせて、節約したり循環させたりすることを、決してけなすわけじゃないけれど、かといって、少し実行したからと言ってすぐ、「やさしい」と胸を張れる状態だとは、とても思えないのですね。

つまるところ、「地球を食い物に」しなければ、とうてい生きていけないのが今の時代の自分だ、という気がします。

冷暖房完備、プラスティック製品に囲まれて、丹精こめた植物や、さまざまな苦心の末飼育された動物を食べ、水洗トイレ・シャワー・追い炊き機能つきのお風呂が当たり前。
少し古くなった洋服は、どこも穴が開いていないのに、大量廃棄。
パソコンも携帯電話も車も、新しいものが1年もたたずに出てくる。
少し前まで熱心に売られていた商品は、いつのまにか、どこでも見かけなくなる。

相続税が高いから、まだまだ住める一軒家は取り壊し、新築2軒分の敷地に早代わり。

今時のこども雑誌の付録は、筆箱だったり、ポシェットだったり、時計だったり。
キャラクターは、1年たつといっせいに新しいものと入れ替わり、古いものはたちまち流行遅れ。
マンガやアニメは最初から、おもちゃメーカーなどとタイアップ。
主人公が技を繰り出すたびに、新しいカードやアイテムが増えていく。
話が長く続くほど、それらの数は山のように増えていき、おもちゃ売場に行列ができる。

…「カモ」にエサをやるのが、いいのか、いけないのか?と考えていたら、そんな小難しい世界に、迷い込んでしまった。

しかし、そんなこととは全く関係なく、相変わらず娘たちは、カモにエサをやるのに夢中で、カモはエサをもらうのに夢中で、池は静かに空を映し、夕日は山の向こうに落ちていくのでした。
[PR]
by caroline-h | 2007-05-02 01:14 | お出かけ