娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

5つの強み…「ストレングス・ファインダー」をやってみた

やっと出ました、結果が。
「私だけの特徴的な資質」トップ5は、次の通り。
IDEATION/着想
MAXIMIZER/最上志向
POSITIVITY/ポジティブ
COMMUNICATION/コミュニケーション
WOO/社交性
へぇぇぇぇぇ。意外な気もするし、説明を読むと、納得する部分もあるな~。



コーチ仲間では、100万年前から話題になってた(もちろんウソです)、
「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう~あなたの5つの強みを見出し、活かす」
 マーカス・バッキンガム&ドナルド・O・クリフトン著
 田口俊樹訳 日本経済新聞社
 という本についてた、ストレングス・ファインダー(強み発見)ウェブサイトへのアクセスIDを使って、調べてみた結果です。

2つの簡潔な文章があって、自分はどちらかというとどっちの方を選ぶか、という2者択一の問題が、延々と画面に出てくる。
それを、20秒以内で答えていくと、約30分後にさっきのような結果が表示される、という仕組み。

以下は、「自分だけの特徴的な資質」を友人にメールで送る、というアイコンを選択すると出てくる文章。
下記の「自分だけの特長的な資質」レポートには、私の才能のうち最も強い5つの資質が説明されています。これは、Gallup社のStrengthsFinder というウェブ才能評価テストの受験結果に基づいて割り出された資質です。

私の「自分だけの特長的な資質」:

Ideation/着想: 着想という資質を持つ人は、新しいアイデアを考えるのが大好きです。全く異なる現象に見えるものの間に、関連性を見出すことができます。

Maximizer/最上志向: 最上志向という資質を持つ人は、強みを利用して、平均的ではなく最高の水準を、個人ないしは集団において追求します。単なる強みを最高レベルのものに変えようとします。

Positivity/ポジティブ: ポジティブという資質を持つ人は、情熱的であり、しかも自然にその熱意を人に分け与えることができます。生き生きとしており、他人に活気を吹き込み、やる気を起こさせることができます。

Communication/コミュニケーション: コミュニケーションという資質を持つ人は、一般的に自分の考えを言葉に表すのが得意です。話術に優れ、物事を印象的に説明するのが上手です。

Woo/社交性: 社交性というテーマを持つ人は、知らない人と出会い、自分を好きになってもらうのが大好きです。見知らぬ人と打ち解けて親しくなることから満足感を得ます。


「私だけのテーマ」が何であるかを知るには、Gallup社の「才能」に関する書籍のうちいずれかを購入されることをお勧めします。どの本にも1冊ずつID番号が付いており、StrengthsFinderのテストを受けるにはこの番号が必要です。このStrengthsFinderは、あなたの才能を最も効果的に活用する方法を探るのに役立つものです。

管理職の方は、社員にそれぞれの才能を活かしてもらうにはどのような支援ができるかについて、 Now, Discover Your Strengths から貴重なヒントを得ていただけることでしょう。Now, Discover Your Strengthsは大手書店または次のリンクでお求めになれます。 http://www.gallup.com/publications/strengths.asp

営業職または営業管理職の方は、 Discover Your Sales Strengthsを読んでいただくことで、個人の才能と強みに焦点を当て、こういった資産を力強い営業実績に転換させ、キャリアを成功させる方法が学んでいただけます。Discover Your Sales Strengthsは大手書店または次のリンクでお求めになれます。 http://www.gallup.com/publications/sales.asp

もう一度、結果を見直すと、…なんか、「究極のお調子者」と言われてるような気がしないでもない。
また時間を置いてチェックしたら、面白い結果がでるでしょう。
私、まだまだ変わるつもりですから。えへへへ。

一昨年ぐらいかな、ベティさんにすすめられて以来の未完了が、ようやく終わった。
ベティさん、ありがとう。

あのあとすぐ、本屋さんで見つけて購入したものの、おっくうがってウェブサイトにはアクセスせず、約1年経過。
そろそろやってみるべ、とアクセスしてみたら、本のカバーに印刷されてたIDは、すでに使われています、という表示が出て、万事休す。

思い切って英語の問い合わせメールを出したら、当たり前だけど英語でお返事が来て、「購入したお店を特定して教えてください」とのこと。
でも時間がたちすぎて、どこで買ったか忘れちゃった。
それを英語で説明することを考えたら、めんどくさくなっちゃって、そのまま、また放置。

でもやっぱり、どうしてもチェックしたい~。知りたいよう、自分の強み。

でとうとう最近、もう1冊を本屋さんで見つけて、即購入(なかなか店頭には置いてないことが多かった)。
というわけで、このたび念願かなって、ほんとにうれしい。

でもね、このテスト。
チェックしてからが、本番なのよね。
さあこれから、他の部分を熟読してきます。

わくわく。
[PR]
by caroline-h | 2007-04-07 00:30 | お勉強