娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

上野動物園にて・おもしろかったもの、もろもろ

b0009665_23562622.jpgb0009665_235646100.jpg













印象に残った動物たち・その1は、「ニホンザルの名前」。
「メヤスバコ」「カウアイ」「カベパス」などという名前が見えますが、…どうしてこういう名前になったのか?
サルそのものにも興味は尽きませんが、名付け過程にも興味深いものがあります。
もう一枚のパネルにも、「ブイゴール」なんていう名前があったしね。
飼育係にサッカー好きの方がいらっしゃることは、ほぼ確実でしょう。



b0009665_055995.jpg東園から入場して、西園への移動に使ったモノレール。
わずか1分30秒の乗車時間ですが、最後に不忍池を上空から見渡せて、なかなかいい景色。
高低差があるので、以前ここを歩いた時、予想外の手ごたえ(足応え?)があった記憶が。
b0009665_0173445.jpg
b0009665_0453019.jpgシッポの長いサルの仲間。(名前わすれた…)
長~い手足と、同じくらい器用なシッポを駆使して、ひょいひょいとぶら下がりながら、移動中。
ちっとも、じっとなんか、してやしない。
おなかの大きいメスとおぼしき個体は、少々おとなしかったけれど、負けずに移動。
…名付けて、「上海雑技団」!スピード感あふれる、空中ブランコの技。その妙技で、十分食べていけると思います。私の独断だけど。
子供たちも釘付け。一番、気に入ったみたいです。

b0009665_133447.jpg続いての役者は、この白鳥。
動物園内にはなんと五重塔があって(歴史を感じますね)、その下の池にいましたが…
近寄って娘が声をかけると、なんだかむこうも寄ってくるのです。
そういうところが、すでにあやしい。
b0009665_175593.jpg






さらに話しかけると突然、「ファン!」とまるで、車のクラクションのように騒々しい音。いえ、白鳥の鳴き声でした。いやーびっくりしたわ。ねえもう1回、鳴いて~!お願い~!
ファン!」…やだ!ほんとに鳴いたよ~!驚いたねぇ~。もしかしてこの子は、日本語わかるのかな?

大騒ぎの私たちを、睥睨するような目つきでじっと見ていたこの白鳥は、今度はおもむろに、両の羽を動かし始めました。
なに、なに?と驚く私たちの前で、ますます大きく、ばさばさと羽を動かし、すうっと体を浮かせ、とうとう、両足でしばらく、水の上に立って見せました。
おおーっ、立ってるよ!すごーいっ!!!

すると白鳥は、それ以上何するでもなく、ごく自然にもとの姿に戻って、しばらく元の気取ったポーズをとって、水に浮いていました。
…いえそんな風に見えたのは、気のせいでしょうか?

ねえ、もう一回鳴いて?日本語わかるんでしょ?あの鳴き声、もいっかい、お願い。

…ぷい、っと向こうを向いて、泳いでいってしまいました。
まるで、「サービスはここまで。あとは、追加料金がいるんだよ」と言わんばかりの態度。
なにさ、けち。
…いえこれはもちろん、こちらがそう思っただけの話で。
しかし白鳥って、実はものすごく、頭がいいのかもしれん。
そうじゃなくて、実はこちらがものすごく、頭が悪いだけなのかもしれないけど。

…とまあ、動物園に行って、なにやら自分の頭の出来具合に疑問を感じつつ、帰宅。
私って、一応、人類なんだよねぇ?白鳥とは、進化のずいぶん以前に、枝分かれしてるんだよねぇ?…自信なくなってきた(笑)

b0009665_1474830.jpgそうそう、不忍池近くのあんみつ屋さん「みはし」に、初めて行ってきました。写真は子供たちが頼んだ「小倉あんみつ、白玉トッピング」。私は「杏あんみつ」。
最初に出てきた時は、「こんなに食べられるかしら?」と心配になったのですが、意外にさっぱりおいしくて、いけちゃいました。いつも食べるのがゆっくり目の娘が、マッハの速さで平らげちゃったのには、正直びっくり。
b0009665_1494495.jpgここの社長さんは、コーチング研修で何度かお話になっているところを拝見したことがあるので、ずーっと行きたいと思っていたのです。

お出かけはやっぱり、楽しいなぁ。
[PR]
by caroline-h | 2007-04-05 23:59 | お出かけ