娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

箱入り娘の洗濯機

ついに、新しい洗濯機が来ました!

正確には、洗濯機が自分で歩いてきたわけでも、車を運転してきたわけでもなく、先週私たちが突撃した、家電量販店の配送担当のおにいさん2人に抱えられて、はるばる我が家にやってきたのですが。

大事そうに抱えられた、箱入り娘。
いや、彼らにとっては毎日の仕事で、特段の気遣いはないのだろうけど。
思わぬ大枚はたいたと思う、その思い入れが、ごく普通の娘でも、美しく見せるのでしょう。

つるつるのダンボールと、真っ白な発泡スチロールと、たくさんのポリ袋(最近、ポリ製品の多さに驚いています)…幾重にもくるまれていた彼女?の体には、しみひとつ、傷ひとつない、まぶしさです。



一番苦労していたのは、排水ホース。
うちは、洗濯機の真下に排水溝があるタイプ。
ホースがねじれてはいけないというので、何度も何度も重たい洗濯機を持ち上げて、懐中電灯照らしつつ、狭いところに腕をねじこみつつ、悪戦苦闘されていました。

おかげさまで、設置はつつがなく?終了。ありがとうございます!

以下、目新しいこと。

蛇口を開けっ放しにしていて、万一ホースが外れても、あたりが水浸しにならないようにする水栓、というものがあるそうです。
今回、3000円で購入。取り替えてもらいました。

洗濯機のふたに、透明な窓がついてて、稼働中の中の様子が見られる!
おにいさんたちが引き上げて、早速、山のようにたまっていた汚れ物を洗濯してみた時、今までのように大きなネットにまとめて放り込んだのでは、洗濯物がうまく撹拌されないことが、この窓のおかげでよくわかりました。
ちまちまひっくり返したり、こねたり?したいようなのです、この娘は。
あわてて一時停止して、小さなネットに分散して入れてみたら、うまくいきました。

…昔、新婚の職場の同僚が、生まれて初めて親元を離れて、生まれて初めて自分で洗濯をしたんだそうな。
「これほんとに、洗濯するの?って思って、最初から最後まで、じーっと洗濯機を見張ってた」
って言ってたのを、思い出しました。

運転中は、とっても静か。
以前のがうるさかったのは、「どっかのちょうつがいが緩んでいるせいです。でも最新機種は、モーターと洗濯槽をベルトでつながずに、直結しちゃいましたから、静かだしいいですよ」とのこと。
いえ、実は今度のはメーカーが違うから(ごめんなさい!)、静かなわけは、またほかにあるのかもしれません。

折々に、にぎやかなメロディ。あの曲をあのテンポで演奏するのは、少し早すぎて、私には居心地があんまりよくないけど…お知らせ音が心地よすぎたら、聞こえなくなっちゃうから、仕方ないか。

脱水後の洗濯物が、全然からんでなくて、しわも少なくて、取り出しやすいこと。…すばらしい!

わからなかったこと。

洗濯機前面の表示パネル部分、「すずぎ」の上に、「高速(3秒押し)」の文字。
説明書によると、「3秒押しすると、コース規定のすすぎの種類・回数を、変更できる」らしい。
しかし、「高速」の意味は?
…あちこちひっくり返してみても、説明を見つけられません。
意味がわからなくて、気になる気になる気になる…

たぶん、「すすぎが高速」であることが、開発した人たちの頭には大きくあったのでしょう。たぶんだけど。
万一そうなら、説明書の表紙とか最初のほうに、「高速すすぎ」が売りである、という表現をしといてくれたら、分かりやすいのにな~。
…まあ、推測でものを言ってはいけませんね。

結論。
今日は、3回もまわしてしまいました。やっほー♪
[PR]
by caroline-h | 2007-03-01 01:08 | つれづれ・ハプニング