娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「たいせつなことはね、目に見えないんだ…」

b0009665_137493.jpg娘がひどく、心配そうな顔をしていました。
それが私は心配で、いったい何をしているのかと思いました。

彼女は、本を読んでいました。

眉を潜めて読んでいたのは…「星の王子さま」
しばらく前にブームのようになった時、うちにも1冊置いておきたいな…そう思って買ったのでした。
作者みずからが描いた絵と、詩のような内容は、まるで宝石のよう。


以前、今は亡き祖父母に、パリ土産のキャンドルホルダーを持って行きました。
ドーム型のリモージュ焼で、中に入れたキャンドルに火を灯すと、精緻に浮き彫りされたパリの町並みが、透けて見える、という美しいものでした。



祖父は、こう言ったのです。…「これは、何の役にも立たんところがええ」
いかにも気に入った風なのに、何度も何度も。

家族は、「『何の役にも立たん』って…褒めてるのかそうでないのか、ちょっと、わからないねぇ」と気の毒そうに笑顔を浮かべつつ、これは失敗だったんじゃないか?という様子で、私を気遣ってくれました。

が…
私は褒めてくれたと信じて、ちっとも疑いませんでした。

宝石だって、何の役にも立たないではありませんか。

でも人は、宝石の対価に、普段の生活では考えられないぐらいの、高いお金を払います。
お金は、価値のひとつの指標。
役に立たないどころか、すごい価値がある、と多くの人が考えているのでしょう。
人の心の中にあって、直接には目に見えないもの。


娘は、私が見ている前で、ちょうど最後まで読み終わりました。

これ、面白いんだよね~。

娘「うん…面白かったよ」
息子「ん?どんなふうに?」
娘「いろいろあるよ。たとえばね、『たいせつなことはね、目に見えないんだ…』とかね…」

どきりとしました。
なんで彼女は、この言葉を選んだんだろう。

実は、読んだことがあると言っても、私は内容をちっとも覚えてはいませんでした。
どういうお話だったんだっけ…

また読もうと思います。
[PR]
by caroline-h | 2006-12-22 01:39 | 子ども