娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

娘の上手なお買いもの

週末、娘は、弦楽合奏の合奏教室がありました。
実は今月は、毎週日曜日、何かしら楽器の練習が入る、という予定でした。

最悪~!…と思いかけて、そうだ、スポーツする子なら、毎週末が練習試合だったりするじゃない。
それに比べたら、なんてことないよね。と自分に言い聞かせつつ。

でも今月第1回目の週末は、ヴァイオリンの先生が体調を崩されたから、幸か不幸かグループレッスンはお休みになった。
おかげで、ずいぶんほっとしたのも事実です。



合奏教室には参加してない(できない)息子は、近くの公民館の子供祭りみたいなものに出かける!と張り切って行きました。

…ここだけの話、早く自転車乗れるようになるといいね。
がんとして練習しなかったので、乗りたくなるまでほっぽっといたのです。

でも学校までが1キロ超、公民館はさらに数百メートル向こう側。
こうなったら普通、自転車で行きますよね、みんな。
歩きの息子が足手まといになり、最悪置いていかれる事態は、十分に予想がつく。
あれぐらいの子供たちだと、自分のうれしさで精一杯で、たぶんそこまで気が回んないだろうな。

歩いていくには、なじみの場所でもなくて、ちと遠すぎるので、悪いなと思いつつ、パパに同行を頼みました。
木枯らし1号の吹く中、往復お疲れさま。
息子は、いろんな遊びをすっかり堪能し、食券で焼きそばまで平らげてきたそうです。


…さて、合奏教室のほうの、我が家の「女」チーム。
帰りに、冬物衣料を仕入れに行きましょ。ということになった。

娘の分を買うつもりが、ついふらふらと…娘が「いいよ」というので甘えて、まず自分の分を1着。
ずいぶん時間をかけた割に、地味~な普段着。

次に、娘のこぎれいな服探し。
グループレッスンがしょっちゅうあって、時々うちの子、よれよれだったり、つんつるてんだったり(笑)
基本的に、普段から本人が、その日着る服を選んでコーディネイトしているので、うっかりすると「ありゃりゃ。もうちょっとこぎれいなの着せればよかった」ということも、まああります。
それでも最近は、かなりシックな組み合わせ(私から見て)が増えてきて、ほっと胸をなでおろしているところ。

パンツ(昔の言い方だと、ズボン)1着は、すぐ決定。
上はどうする?
3~4着が、決勝トーナメントに勝ち残り。

試着室で次から次へ、着てみての結論は。
「どうしようかなぁ~迷っちゃうなぁ~…全部買うわけにはいかないんだよねぇ…」
ちろっ…と私の顔を見る娘(笑)

「あんまり着ないと思うの、どれ?」
「これかな」
「じゃあこれ、なしね(容赦ない)。あとは?」
「う~ん…」

さてどれくらいかかるかな。

「…今考えたんだけど、これとこれを組み合わせたら、ぴったりだよねぇ」
?!?!?!?!
薄い水色・ハイネックのプルオーバーと、ベージュのコーデュロイシャツ。
ななな~るほど。

…うっかり、感心してしまった私の負け!(笑)

まあいいや。単品でも着まわせるから。

しかし…私の普段着の、3倍以上のお買い上げ総額でございます。
1着ずつは安いからって…してやられた~っ!
[PR]
by caroline-h | 2006-11-14 02:15 | 子ども