娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「ホルベルグ組曲」

b0009665_0201895.jpg久しぶりの、チェロレッスンの帰り。

踏切で一時停止したところ、たまたま鳴り出しました。
大喜びの鉄道マニアが、身を乗り出して、ここまで見に来ます。

踏切が近づくたび、黙ってウィンドウを開ける息子。
毎度毎度、お仕事ごくろうさまです。




娘は最近、グリーグ作曲「ホルベルク組曲」をかけると、ご機嫌です。
どんな曲かというと、一部ですが神戸フィルのHP内・試聴コーナーで聞けます。

今は昔、車での幼稚園送り迎えの時代、「ピーターと狼」や「ブリテン作・青少年のための管弦楽入門」に凝って、他の曲をかけると怒る(笑)という困った頃がありました。

…今もあんまり、変わってないか…(笑)
=========================
「ホルベルク」と聞くと、昔から私が思っていた疑問。

「なんでこの曲を弾くと、みんな「雪やこんこ、あられやこんこ、…」に出てくる犬みたいに、うれしそうな顔するかなぁ~…?」

「ホルベルク」以外では、なぜかみんな犬にならない。
「ホルベルク」は、「雪やこんこ」である。

…ずーっとずっと、不思議に思っていました。
==========================
先日娘が参加した、弦楽合奏団の合宿では、彼女たちはまだ楽譜もろくに読めないので、「合奏教室」という2軍…いやジュニア軍ですね、要するに、弦楽合奏なんて、まだまだ先、と思っていました。
そもそも、5月頃から月に1回(もなかったりするのですが)集まって、4人ぐらいで細々とやっていた「合奏教室」メンバーは、ごく簡単な童謡のようなものを、2つや3つのパートに分かれて、なんとか合奏らしきことをしていたらしいのです(親は初回以降、原則として見学なし)。

あろうことか合宿では、彼女たちにいきなり「ホルベルク」の楽譜が渡され、年上のちゃんとした方たちに混じって弾かせていただいたらしい。
娘はすっかり、その気になってしまったのです。

「合奏教室」メンバー4人中、一番進度の遅い彼女は、ファーストバイオリンの楽譜をいただいている。
私には、ファーストとセカンドの割り振り原則などというものはわからないので、何とも言えないのですが、もしかして、メロディパートのほうが、CDなんかで音取りやすくて、覚えやすいからかしら。

「アリアと???(覚えてない)はなんだかさっぱりわからなくて謎だけど、前奏曲はちょっと弾けるよ!」だそうです。

ねえ、チェロは何人?「2人が日替わり交代で、1人ずつ来た」
それそれ、来年はパパが一緒についてって、チェロ弾いてあげたら、喜ばれるんじゃないかなぁ。下のパートがたくさんいると、ヴァイオリンはもっと楽しいよ~。「やだ!絶対やだ!」
…パパ、ついてきちゃだめだそうですよ(笑)

彼女自身は、普段の練習で私が口うるさく、「伴奏をよく聞いて、あわせなさい」と言っているので、他のパートを聞きながら弾くのは、比較的苦じゃないらしい。
心配していた母は、少し胸をなでおろしています。
=================
告白します。

実は私は今回まで、「ホルベルク組曲」とバッハ作曲「ゴールドベルク変奏曲」の区別がついていませんでした。
だって、題名似てるんだもーん。演奏したことないんだもーん。

こういうことになったので、これは少し調べなきゃ。と思い、調べました。

そしたら、こんなページが。
…なんと、弦楽器奏者が「雪やこんこ」になってしまう、無敵の「ホルベルク組曲」は、もともとピアノ曲だったのです!

ええ~っ。あの「たったかたったかたったかたったか…」というリズムは、ピアノでは不可能でないの???…

リンク先のピティナHPで、ピアノ演奏がそのまま聴けますよ。
…うわー。そうか。
ドビュッシーの「グラドス・アド・パルナッスム博士」と似てるわ~。
これなら、弾く真似ぐらいはできるかも。
==================
さて先日、息子のチェロのエンドピンカバーを買いに、楽器屋さんに行きました。
…あら、楽譜売り場が。

もう皆さんご想像の通りです。
買っちゃいました。
「ホルベアの時代より」という名前で、グリーグの小曲集に入っていました。

早速、弾き真似をしてみました。
やはり、あまり演奏されないのには、わけがある。
少々、弾きにくいような気が。

こんなところで、左右の手で音を弾き分けるか~。とか、両手入り組んで弾かなくてはいけないのに、音型的にポジション取りがむずかしい~。とか。

しかし、サウンドはあの、「雪やこんこ」のままですよ。
悪戦苦闘しながら、弾き真似を続けているうち、…気づいたら私が、「犬」になっていました!(笑)
やっと気持ちがわかったよ。

しばらく遊べます。

…すっかり、娘のことは忘れてました。ごめん。(笑)
[PR]
by caroline-h | 2006-08-24 01:25 | 音楽