娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

とびひ騒動

先週末から、あまりにいろんなことが起きて、もはやそれらが、どんな順番で起きたかも分からなくなっている、今日この頃。

皆さん、いかがおすごしでしたか?



土曜日の夜、娘が風呂上りに、なにやら熱心に…絆創膏を貼ろうとしていました。
…なにやってんの?と覗くと、あらまぁ~!

片足の付け根が、ひどく、ただれていました。
こりゃちょっと、お医者さんに見てもらわないといけない感じ。どうしよう…。

結局、日曜日に、市の夜間休日診療所というところに連れて行きました。
小児科と内科。以前行ったことがあるんです。

小児科の先生、一目見るなり「とびひだね」
「お母さんは、いつ見つけたんですか?」とも聞かれました。
もちろん、前から知ってたら、こんなにひどくはなっていませんでした。
娘に聞くと、もともと小さな傷口だったのが、治さなくちゃと約1週間、親に隠れて、せっせと絆創膏を貼り続けたために、こんなに悪化させてしまったようなのです。

塗り薬と抗生物質の内服薬は処方してくださいましたが、さすがに自らお薬を塗ったりするのはためらわれたご様子。
「処置が必要だから、明日皮膚科に行きなさい」

そういうわけで昨日の午前中は、皮膚科に行ってきました。
息子のアトピーで行きつけのところ。
そこでも少しぎょっとされましたが、さすが専門医、てきぱきとガーゼに塗り薬を塗布したものが手渡され、テープでぺったん。
薬もそれぞれ新たに処方されました。
「とびひに効く薬がだんだん、減ってきてるんですけど、これはまだ効くはずですから」とのこと。
…それって、ばい菌のほうで耐性がついてるってことかしらん?
しかし、1時間以上も待たされたお医者さんは、大急ぎで処方箋を走り書きしていたので、それ以上は聞けませんでした。

おかげさまで、お薬がよく効いているようです。
娘は最初、「とびひって、なんでなるの?なにが原因なの?どうしてなっちゃったの?」と不満顔でしたが、今夜、ガーゼをはがしてみたら、あまりに早くきれいになってきたので、びっくり。
「とびひって、治るの早いね~!」だって。

そりゃ、あんなにただれてたの見たら、うそみたいです。
あ~よかった。
明日もう一度、お医者さんに行く予定です。

そうそう、とびひって、水泳禁止なんですよね。
うつすし、傷口があるしね。
あったかくて湿気のあるところがいけない、というので、当分体育や、汗をかく活動も禁止。
…うえぇぇ。知らなかった。

家庭の医学も、メルクマニュアルも、育児の百科も読みました。
ふむふむ。なにごとも勉強だ。
[PR]
by caroline-h | 2006-07-04 22:06 | 子ども