娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

うししし、中華街

b0009665_2347284.jpgついについに、行ってきました!
おいしいうれしい、横浜中華街。
行きかう人の数に、びっくり。

私は結婚前に1度だけ、行ったことがある。それだけ。
休日の昼間ですごく混んでて、しかもここにたどり着くまでに、ひどく疲れたような覚えが。
細かいことは全然、覚えてない。

子供たちは全く、生まれて初めて。




昨日は午前中、娘の合奏教室が、聖蹟桜ヶ丘で。
楽典やら、ヴァイオリンを使っての、簡単な合奏の練習。
スズキの先生で月1~2回だし、ヤマハ音楽教室ほどシステマティックじゃないのですが、お楽しみ部分が一番、と思って入れることにしました。

もともと彼女、理屈だの楽典だのに興味があるほうです。
人と一緒にあわせて弾くのも、嫌いじゃないらしい。

5月にお試しで行ってみたところ、案の定目がきらきらして、終始、満面笑顔。
ママや個人レッスンの先生にケチつけられることもなく、見張られることもなく、のびのびできる点が、いいんでしょうね。
昨日の合奏教室が終わった時、上気した顔で「内緒だけど私、1人のレッスンより、こっちのほうが好き!」とささやきに来ました。ふーむ。そうか。よかったね。

…これが、12時終了。
そこから、同門の同級生の女の子親子と4人で、電車に飛び乗り、中目黒へ。
そう、午後1時半から、わざわざ先生が、この子達が出られるようにと…「1時半なら大丈夫でしょ」(!)と、月例のグループレッスンを入れてくださったのです。
…しかし中目黒…1時間以上は、かかります…。

ヴァイオリンの先生は毎月必ず、グループレッスンを休日にしてくださいます。
そして、合奏教室と重なりそうなときは、わざわざ両方出席できるように、時間をずらしてくださるのだそうです。
…わざわざ重ならないようにしてくださらなくても、いいんだけど…とは、内緒の母の声(笑)ですが、もちろん、そんな不真面目なことは言いませんよ。…って言ってるけど(笑)
そう言って、お互い励ましあってる。そんな感じ。

ちなみに1日に2つが重なったと聞かされた娘は…「やった~っ!」…ですって。
大変なんじゃないの?って言っても、馬耳東風。
本人が望むなんてめったにない機会?だから、ここはがんばりどころかな。

b0009665_0574182.jpgそうそうもちろん?途中で、パパに送ってもらった息子が、意気揚々と電車に乗り込み合流して、次の駅だの乗り換えだのをうれしそうに案内しつつ、にぎやかに中目黒へ到着。

いつも通りのグループレッスンが終わると、パパが車で迎えに来てくれました。
…で、どこでご飯食べる?
息子は電車にはもう乗ったので、ナイアガラじゃなくてもいいみたいよ。

…中華街に行く?…ほんと?!
え~…中華街ってなにそれ?
いいよぉおいしいよぉ。…よく知らないし、調べもしてないけど。

1時間半かかる、と言われて、お疲れ気味の娘は「え~…」と不満顔でしたが、
運転手の一存で、行くことに決定。
うしししししししししー。b0009665_0583926.jpg
ああああ久しぶりに、おいしいものが、食べられるわ~。

…で、おのぼりさん丸出しで、でもあそこは観光地だからいいよね、行き当たりばったりに「家庭料理」と書いてあったこぢんまりしたお店に入り、飲茶セット2人前を大人が、子供たちがチャーハンセットと焼きそばセットを、それぞれいただきました。
…バーミヤン以外の中華料理屋で食べるなんて、おお久しぶり。おいしかったわ。
娘は、物心ついてから初めて見た円卓に、「これなあに?」…

食後に町をぶらついて、「早く帰ろうよぉ」と言う家族に、「今日の思い出の品を買うんだもん!」と言い張り、目に付いた「チャイハネ・パート1」へ。アジア雑貨のお店のようです。

ここ、気に入りました。
どういう品揃えかは、リンクをクリックして、店内写真をごらんくださいませ。
私たちは1階しか見ませんでしたが、とくに面白かったのは、楽器コーナー。
パーカッションやってた弟がもし、ここへ来ることがあったら、チェックしてみてね。
コンサートで使えるほど音の良いものが、そろっているわけじゃありませんが…。
目についた楽器、ほとんど全部、たたいたり、口をつけずに息を吹き込んだり、してみましたから。
ずいぶん大きいサンポーニャも、いくつかありました。
あんなに大きくちゃ、鳴らすのが大変だ。

子供の頃、左手で持って、右手でまわす、マラカスみたいな楽器、なんていう名だっけ…とにかくそういう楽器が大好きでした。
大小さまざまなものがあったので、片っ端から鳴らして歩きました。うふふふ楽し~い♪
ギロも、好きなんですよ~。
<ここでおしらせ>
万一、発表会などで、簡単な小物打楽器をたたく人が足りなかったら、ぜひ私にメールくださいませ。ただし、あくまで素人枠でお願いします。小物好きなお母さん枠で、ね?

…そうそう壁際には、大きなシタールがあって、びっくり。
弦はバラバラ、ネックが折れてる(!)…けど、オブジェとしては迫力十分!でした。

b0009665_15359.jpgそれぞれ、ちいさなお土産を買って帰りました。
満足満足。
そのうちのひとつ、なつかしのおもちゃ。
b0009665_163584.jpg
b0009665_172084.jpgb0009665_173529.jpg

子供の頃、屋台で、針金入りビニールみたいなのを買ってもらって、夢中で遊んだ記憶があります。
ビーズ入りできらきらするし、たちまち子供たちはとりこになって、遊び始めました。
これなら、飾っておけそうだわ。
他の戦利品は、またおいおいと…。

しっかり、思い出に残りました。
[PR]
by caroline-h | 2006-06-05 23:47 | お出かけ