娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

N響メンバーによる春のファミリーコンサート

b0009665_6573489.jpg桜の花の表紙ですね!
うちの近所でも、ぼつぼつ咲き始めましたよ。

久しぶりに、お金を払うコンサートに行ってきました。
場所は、うちから一番近い、
府中の森芸術劇場ウィーンホール。

出演者:
ヴァイオリン 齋藤 真知亜
        大宮 臨太郎
ヴィオラ 佐々木 亮
チェロ 藤森 亮一




プログラムは、
第1部 クラシック名曲集、楽器などのお話
モーツァルト:ディヴェルティメントニ長調k.136
サン=サーンス:白鳥(チェロ独奏)
フォーレ:夢のあとに(ヴィオラ独奏)
モンティ:チャールダーシュ(ヴァイオリン独奏)
第2部
「もののけ姫」
魔女の宅急便から「海の見える街」
天空の城ラピュタから「君をのせて」
「となりのトトロ」
 …以上宮崎駿作品より 久石譲作曲
ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第12番ヘ長調「アメリカ」
アンコール
バート・バカラック:雨にぬれても
(すぎやまこういち編曲)

…とまあ、完全にファミリー向けの選曲。
うちからも近いし、お話込み。
これは買いだ!と思ったのですが…

当日の客席は、年配の方々が圧倒的。
どうして、子供が少なかったか?
たぶん、お値段です。

大人4000円・子供2000円。
ファミリーセット(子供を含むグループ)は、各500円引き。
弦楽四重奏としては、そして今日のような演奏だったらむしろお安いと思うのですが、普段クラシックにあまり興味ない人だと、高~い!と思うでしょうね。
家族4人で、1万円超えちゃうもの。
映画なんかに比べたら、ものすごく高い。

実は私も、最初はファミリーセットで予約しましたが、1週間以内の引き取りに行きそこね(笑)
あららと思っていたら、行きつけのデパートの会員カードで、なんと各1000円引きのお知らせが!
即、そちらで購入して、すぐ!引き取りに行きました。

しかし…この1000円引きのからくりは、どうなっているのかしらん?
どうしても、演奏者のギャラとか経費とかが気になる私としては、ちょっと落ち着けません。
売り上げの何割かとか、手数料とかが、デパートにいくでしょ。
う~ん。ペイしたのかしらん。…

このチラシ、ヴァイオリン教室とかに持っていってあげたら、双方きっとよかったのに。
…と思ったので、アンケートにそういうことを書いて、帰ってきました。

演奏は、さすがプロ。
同じ曲を、おととし音大生の演奏で聞いたけど、うわ全然違うわ。当たり前か。

ドヴォルザーク「アメリカ」は、土臭い、楽しい曲ですね。
実は昔、この曲はサックスアンサンブルで何度か演奏したのですが、いつも私はテナーサックスで、あの低音の端切れ良い音の連続が大の苦手だったので、どうにもいい印象がなかったのです。
単なる下手くそというわけですけど。

しかし、よく考えたら、ちゃんとしたプロの弦楽四重奏の生の演奏でこの曲を聴いたのは、実は初めてだったような気がします。
生はやっぱりいいなぁ。

今から20年ほど前、音楽事務所勤めの友人が「今担当してるアルバン・ベルグ四重奏団、いいよぉ~。しかも、飲むと面白いよ~(笑)」としきりに誘ってくれてたのですが、当時全然興味がなく、一度も聞いたことがありませんでした。ああもったいない。

今回、娘はかなりまじめに背筋を伸ばして、全曲聴いていました。
やった~!えらいぞ~。
あとで、今日のコンサートのどこがよかった?と聞かれて、
「…う~ん、知ってる曲があったから」
…ま、そんなものか~(笑)

息子のほうは、チェロ独奏の「白鳥」がすんでからは、…座席で伸びたり縮んだり(笑)
まだまだお子さま。いやお姉ちゃんも、話を聞いてみたら、あんまり変わんなかったけどね(笑)

1番ヴァイオリンの齋藤さんは、チェロの藤森さんと共に「我々おじいさん」と称していましたが、…私と1~2歳しか違わないじゃないの(!)
こういうキャリアだと、人生もう脂の乗った年代なのね。
2番ヴァイオリンの大宮さんは、1981年生まれですって!若いなぁぁぁぁ。
ナイロンの弦ですってよ。<業界の方々向け

b0009665_8102023.jpgおまけ。千代田区からの、お知らせです。>
こんな新聞広告、初めて見ました。
お花見、行きたいなぁ。
[PR]
by caroline-h | 2006-03-27 07:02 | 音楽