娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最後の日

b0009665_23394647.jpg
今日は、小学校の修了式でした。
終業式じゃないのは、学年修了だからですね。
下の子の担任の先生は、今年限りで定年退職なので、教壇に立つのも、ほんとに今日が最後。

保護者で話し合って、子供たちのメッセージと写真を簡単なアルバムに入れ、アートフラワーのブーケを贈りました。



38年間の教員生活を終えるとあって、さすがに感慨ひとしお、こみ上げてくるものを抑えることができなかったご様子。
そう、私たちはたった一年のお付き合いでしたから、私たちが泣かせたんじゃないとは思いますが。
いったい、今までに何人の子供を受け持たれたのでしょうか…?


この先生と比べるべくもありませんが、私も先週今週と、通信添削で担当している子供たちへの、最後のお電話週間でした。
子供一人につき、月1回、15分程度のお電話。それが、20数名。
来年度は、契約更新しないことにしたので、今月が、最後のお電話です。

いろんなお子さんがいました。
よくできる子には、いくつかの共通点がありました。
それはまた、別のときに書くことにして。

このお電話が終われば、もう一生、この子達の声を聞くことはないだろうなぁ…。
名前は知ってても顔を知らないし、どこかですれ違っても、絶対にわからない。
そのうち、私のことだって、忘れちゃうかもしれません。

人生にいくつもある、たくさんの「別れ」のうちのひとつ。

いつか、全部の人にお別れする時がくるということは確実で、わかりきったことなのですが、…
これも、そのいくつか手前を、順番に経験しているだけ、なんですよね。
お互いに。

あの子たちの人生が、豊かで実りあるものでありますように。
…そう、ここで祈ることしか、私にはできません。

事前にはそういうことを考えて、涙目になったりしていたのですが、実際に電話をしていくと、なんだかすっきりといい気分です。
…やっぱり、来月からこのお電話をしなくていい、と思うと、ずいぶん気が楽(笑)
今まで大変だったんだなぁと思います。
よくがんばった>私。


…そして、担任の先生。
今度は「専業主婦」になる、と、みんなの前ではっきりと、おっしゃいました。
「専業主婦」というものに、なってみたいんだ!という気持ちが、ありあり。
ようやく、自分の好きなことにたくさん時間を使える…ということかな。

「明日の卒業式の準備で、今日は忙しいから」とのことで、皆であわただしくお別れをしました。

先生も明日、先生卒業ですね。
おめでとうございます。
そして、…ありがとうございました…♡
[PR]
by caroline-h | 2006-03-23 23:43 | 子ども