娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「ぼくのこと、安静にしておいて」

今日も、大忙しの1日。
来週に迫った、ヴァイオリンのクリスマス会。
その前に、日曜のグループレッスンで、お歳暮をお渡ししなくては!
…私、幹事というか、会計係でした(笑)ベテラン幹事のお母さまの指示通り、あちこちお電話したり、確認したり。
今日は、お歳暮のお金用に新札を用意できる、最後のチャンスでした。
3箇所の教室の皆さんのお金が、銀行送金されたり、じかに渡されたり、間に合わなかったり…(笑)ま、なんとかいたします。おまかせあれ。
車で戻って、お昼はなにか飲み込んで、学校に自転車で駆けつけて、PTAの打ち合わせ。
(学校は、駐車できないのが普通ですね)

明日は、クリスマス会で子供たちに渡すプレゼントの一部を、分担しているので、買いに行かなくちゃ。とほほほ。
朝はトレーニングだし、書類はまだ上がってないし、まさに「火事だぁ!」状態(笑)

あちこち走り回り、ウェストはもっと細くなっていいはずなのに(笑)…それはともかく!

夜は、子供たちと一緒に夕食を食べ、そのあと1時間半は通信添削のお電話でつぶれ、その間、子供たちは、自分でいろいろやっていました。



夜も更けて、いろいろ他の電話があったりする中をかいくぐりながら、楽器の練習を、少しだけ見ました。


…あれ?!
チェロに、ヒビが入ってる~!
うぐぐぐ。楽器屋さんに持っていかないと。年末年始、弾けないかも~(汗)

…そう言ったら突然、息子の目から涙が、こぼれ落ちました。

「弾けなくなるかも、って聞いたら、思い出しちゃったんだ…」
え?!なにを?
「3学期になったら、○○くんが、いなくなっちゃうんだ…」
えええっ?!転校しちゃうの?
「うん」…

○○くんは、息子の今一番の、おともだち。
鉄道大好き、乱暴なことは苦手。
好みの女の子も、同じ…(笑)
学校から帰って遊ぶ相手、と言ったら、いつもこの、○○くんでした。
あらららら…。

「でも、○○くんがどこへ行っても、ずーっと、あなたのお友達だよね?電車に乗って、遊びに行けるよね?」
そう言ったんだけども。
もう、練習になりません。

言えることといったら、「○○くんに聞いてもらうつもりで、弾いてごらん」
…それはもう、気持ちのこもった音になるのですが、
…とにかく、悲しくて…。

仕方ないので適当に切り上げて、お姉ちゃんのほうをざっと見ている間に、
彼はパジャマで布団にもぐりこみました。

布団の中から、くぐもった声で、「ぼくのこと、安静にしておいて」
…?どうも、「ぼくを、そっとしておいて」の意味らしい(笑)

そしてそのまま、寝てしまいました…。

それにしても。
なんでそんなに急に、悲しみのスイッチが入っちゃうの?
それまで、我慢してたから?…

親にできることは、あんまりなさそうです。
[PR]
by caroline-h | 2005-12-16 22:33 | 子ども