娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

当たったぁ!バレエと、…再会?!

松山バレエ団のチケット。クリスマス、24日の午後。演目は、「くるみ割り人形」。
…子供たちにとっては、生まれて初めての、バレエの舞台です。



私にとっても、クラシックバレエの舞台は初体験。

昔、まだ独り身だったころ、今は引っ越してしまった伯母が誘ってくれた舞台は、確か東急文化村で、モダンバレエ。
全身肌色タイツみたいな衣装で、わけのわからない(ごめんなさい!)内容だった。

伯母は「あんなものだとは、思ってなかった。もっときれいな舞台だと思ってた」と、少々おかんむりだったけれど、まあ、ああいうものもあるのか、と、私はそこそこ納得して帰ったのでしたが。

今回は、チュチュってやつですね~♪娘が大喜びしそう。

しかも今回、とっても楽しみなのは、オーケストラの指揮者が、河合尚市さん!ということ。

この方、私と同じ高校の吹奏楽部出身の先輩で、芸大の器楽科?(指揮科じゃなかったのね…?)を卒業された。…はず。
私の生涯でただ1度、高2の時に、吹奏楽コンクールというものに出場したのだけど、その時にわが吹奏楽部は、(私は下っ端だったからどういういきさつか知らないけれど)この河合尚市さんに指揮とご指導をお願いして、ひと夏お世話になったわけ。

今は、バレエや合唱の指揮でかなり定評のある方らしいのだけど、当時はまだ、そういう分野の指揮を始められる前だった。

確か、頭はつるつるに剃りあげていらして、ちょっと、今で言うとサンプラザ中野風。だった。
で、「瞑と舞」という曲の手書き譜を持っていらして、これを自由曲でやれと。
…ちょいと難解な現代曲でした。アルトサックス、最低音が16分音符のアルペジオのフレーズで出てくるしねぇ。最初と最後がピアニシモで、音を出さないメンバーも息をつめるような曲で。

また課題曲4曲のうち、吹奏楽なら行進曲・マーチをやれ!とおっしゃったので、部員からは「マーチなんかで勝てるわけない!」(コンクールですから)との意見、多数。で、少しばかりもめましたっけ。

もともとコンクールというものに懐疑的な私は、な~んとも思いませんでしたが。

当時のわが吹奏楽部の、マーチに対する偏見を、如実に物語る事実(笑)ですねぇ。
シンフォニックな曲じゃないと、上手に聞こえない、なんて…そんな馬鹿な(笑)
まるで、クラシック以外はろくでもない音楽、みたいじゃないの。
軽やかな曲を、本当に軽やかに演奏するには、それなりに練習しなくちゃいけませんよね。
結局、ひと夏みっちり、マーチ、仕込んでいただきました。

今でも覚えているのは、「どの曲でも必ず、1番大切な部分がある。曲全体は、その部分を頂点としてできているんだ」とおっっしゃったこと。
いいこと、おっしゃるでしょ?
これ、音楽にかぎらないですよね。

23日は、子供のヴァイオリンの先生門下の毎年恒例、クリスマス会。
…あ。今年のお料理どうしましょ(笑)

いつもだと、クリスマス会が終わったら、バタンキュー…だけど、
今年は、そういうわけにはいかないわっ!!!
がんばる!!!!(笑)
[PR]
by caroline-h | 2005-12-09 00:06 | つれづれ・ハプニング