娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ピンボケ…

実は私、目が悪くありません。
というか、昔から、視力検査ではいつも、1.0~1.5あたりを行ったり来たりしていました。

時々、「あなた、コンタクトじゃなかったの?」などと私に話しかける人もいて。
…どーいう根拠じゃ?



学生時代、おしゃれがしたい盛りだったもので(笑)
いわゆる「だてめがね」を買ってきて、かけていたことがありました。
「めがね」というものに、アクセサリーのような、憧れがあったんですね。

恐る恐るそれをかけて、学校に行くと、「あれ?…やっぱり、目が悪かったんだ~」などと
声をかけられた。
「ううん、これ、だてめがね!」
「…へぇぇぇ」
そして、特に何事もなく、友人は通り過ぎて行っちゃいました。

…今思えば、妙なことをやっていたもんです(笑)

ところで最近。
近くのものが、ピンボケになってきました…いわゆる老眼。
いや正直言うと、もう何年か前に気づいてたんです。
眼科に行ったついでに、最近、こんな風に見える、とお医者様に言ったら、
即、「それは、老眼ですよ」と断言され。

そのときは、正直、ショックで、ムカッときました(笑)
だって、まだまだ今よりずーっと、若かったんだもん。

「ええっ、そんな、もうですか?」
「そうですね…(苦笑)そんなものですよ」
「ええっ…どうやったら、進むのを遅らせられるんですか?」
「うーん、そうですね。なるべく目を、疲れさせないことですね」

…その後、私は、サングラスを買いました。
幼稚園の送り迎えに、毎日車に乗っていたもので。
晴れてなくても、夜でも、ライトや反射光が、まぶしかったり、するじゃないですか。
偏光ガラスだと、ちらつきがなくなって、とても見やすいんです。
いつでもどこでも、夜でも、かけていました。

これは、とてもいいですよ。
JAF MATE最新号にも、そういう記事が出ていましたしね。

そしてつかの間…老眼のことを忘れていました。

…それがね。
最近、通信添削のお仕事なんか、やってるでしょ。
根詰めてやってるうちに、…なんか、疲れさせないほうがいいかな、と思って。
ホームセンターで、老眼鏡を見つけて、一番度数の低いのを選んで、試しにかけてみました。

「…!!!!世の中が、明るくなった…!!!!」

…いえ、ピントがくっきりあっただけ、みたいなんですよ(笑)
少々ピンボケでも、普段は気づかないもんなんですね。
ちゃんと、字だって読めるから。

その場で、その老眼鏡、買いました。
デザインやなんかは、それほど選べませんから、携帯用の薄いやつで、
あんまり装飾的じゃないもの。

今は、うちの中で、通信添削のお仕事の時だけ、かけています。
別にかけなくても、ちゃんと、全部の字が、見えていますけどね。
進行を遅らせるには、とにかく目を疲れさせないことが大事ですから。
眼科だかで読んだパンフにも、そう書いてありました。
若いうちから、ちゃんと度数の合っためがねをかけることが、目にはいいんだ、って。

へへへ。
実はちょっと、気に入ってます(笑)
[PR]
by Caroline-h | 2005-07-28 23:24 | つれづれ・ハプニング