娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サッシの内側

台風が来ました。

でも、1日外出しなかったもので。
家の中にいる分には、何も感じません…。



どんなに雨風が荒れ狂っていても、サッシをぴったりと閉めてしまえば、
そして顔を上げて、わざわざ外を見なければ、
…いつもと変わらない、いやむしろ、いつもよりちょっと静かな日常があります。

大手町のビルのお向かいで、新しいビルを建てていたときには、かなりの雨風の中でも、
作業員の方たちが、必死に働いていらっしゃいました。
ビルが大きいので、いちおう屋根と床があれば、まともに風雨にさらされることはなかったの
でしょうけど…それにしても、現場のシート類は、あおられて、めくれて、ひどい有様。

作業日程とか、いろいろあるんでしょう。
この世界は、日当だと聞きますし。

サッシのこちら側の私たちは、優雅に(ほんとはそうでもないんだけど、比べてしまうとね…)
コーヒーなどすすりつつ、パソコンの端末を前に、電話なんかしている。
冷房が効きすぎるから、と、カーディガンを羽織り、夏でもひざ掛けをかけて。

私は、大手町が今ひとつ、好きになれませんでした。
大手町というより、ああいうビルだらけの街は、私にとっては、
物見遊山?仕事?に行くにはいいけど、1日に何時間も住みたいところじゃありません。
銀座のマンション、便利で刺激的だろうとは思いますが、夏のことを考えると、
やっぱり、気が滅入ってしまうでしょう。
…どうせ、そんなところには全然、住めないんですけど(笑)

オフィス街を真夏に歩くと、そこここのビルから排出される、たまらない熱気の中を、
アスファルトとコンクリートで固められた歩道の上を、延々と歩くことになります。
そして人は、冷房の効いた地下街を歩きたがる。…

オフィスでは、ワイシャツにネクタイ、ことによるとそれだけでは足りなくて、
スーツをかっちりと着こなした男性たちが、「暑すぎる、もっと温度を下げろ!」と、
いつものように訴えていました。
私たちは、化繊の薄手のブラウスを着て、くしゃみしながら、震えていたのにね。

絶対に、おかしい。今でも、そう思っています。

私は、緑と水と土が好きです。
人里はなれた田舎暮らしができるほど、ではないかもしれないけど。
人はもちろん、大好きですけどね。

モノクロ・直線のものよりは、中間色・曲線?のもののほうに惹かれます。
なんでかなぁ。関係あるかなぁ。
[PR]
by Caroline-h | 2005-07-26 22:57 | つれづれ・ハプニング