娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

妙にやさしい…「超」コントローラー

銀行勤務、明日で最後、の出勤。…わかりにくいな(笑)

実は、一緒に働くメンバーは、前の支店とほぼ同じ。
お互いに気心知れた仲です。…と、思う(笑)



実は、最初の支店では、ほぼ全員が「このお仕事は初めて」という状態。
当然、いろんなトラブルが発生しました。

現場責任者に当たる行員さんにしてみれば、「なっとらんっ!」という、
行き違い?ミス?の連続。
…だって、知らないんだもの(笑)
そういう時は、「教えてください」…「わかりました。気をつけます」って言ってました。
そうとしか言えない状況。

お客さんに聞こえるような大声で、「だめじゃないか!」と叱責されるなど、
全員にとって、ほぼ日常茶飯事。

彼の下で働いていた部下のうち、円形脱毛症になった人、数知れず。
…という、自称、「昔からのお知り合い」という方からの情報もあり。
「あとあとまでよく覚えてる人だから、彼の目の届くところで、無駄話をしたりさぼったり
しないように」と、親切に忠告までしてくれました。
…またそれが、言われた人にとっては、「あの人、ちょっと怖いよね」なんてことに
なったりして…(笑)いやそうじゃなくて、ほんとに親切心だったと思うけど。

とにかく、正真正銘、「超」コントローラー(笑)と思われる上司の下で、
顔色を伺いつつ、仕事をする日々。
…私はひどく、楽しかったですけどね。いろいろ観察できるもん(笑)
それに、コントローラーと思われる人に対しては、何でもまず指示を仰ぎ、判断を仰ぐことが
肝要だ、と心得て接することにして、それがなかなか、お互いにとって、うまい具合に
いきましたしね。

そしたら、前の支店の最後の1週間に、その「彼」が、次の支店に派遣されることになりました。
つまり、「彼」不在の1週間。
…うわぁぁ、どうなるんだろ(笑)
周囲の期待をよそに、その1週間は、淡々と過ぎてゆきました。

そして、「彼」がいなくなると、急にみんなが寂しい気分に…(笑)
「うるさかったけど、仕事はきちんとしてたよね~」
「今頃、私たちのこと思い出して、懐かしがってるんじゃないかしら」
「きっと、あの調子だから、次の支店の人たちにいじめられて、私たちのところに戻りたい、
って思ってるわよ」
…みんな、言いたい放題(笑)

空白の1週間の後、最初の支店での業務は終わり。
翌週つまり今週から、次の支店での業務に、ほぼ全員が移ったのですが、
予定では、その「彼」は、来週から、こちらの支店に、再び責任者としてやってくる、
はずでした。
つまり、私は入れ違いでやめてしまうので、先々週のうちに、
「いろいろとお世話になりました」と、きちんとご挨拶をしておいたんです。

で、今週の月曜日。
新しい支店での仕事始めなので、20分早い集合時間。
派遣会社の方の説明を受け、案内されて、銀行内部に入りました。
誰かがぼそっと、「今頃、どうしてるかな…」





…そこへいきなり、「彼」登場!!!

「みんな、荷物はこっちこっち」
…心なしか、声が弾んでいます…。





…みんな、あまりに突然のことで、声も出ません(笑)
目の前にご本人がいるので、お互いにその驚きを言い交わすこともできず。

…あんなにおかしかったことはありませんでした。






今週の「彼」、いや上司は、妙にやさしいです。
ミスしても、全然、叱責されません。
こちらが、申し訳なくなるぐらい。

…ど、どうしたんだろ?

とにかく、明日が最後です。

…泣いたらどうしよ?(笑)
[PR]
by Caroline-h | 2005-07-13 22:12 | つれづれ・ハプニング