娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

花粉症になっちゃった?!

昨日今日が、スギ花粉のピークだとかで。
実は私、かなり昔から花粉症です。

「アレルギー性鼻炎」と最初に診断されたのは、高校生の時でした。
(何年前だったかは、聞かないように・笑)
まだこの病名自体、今ほど流行って(?)なかったし、完治させるには、かなり長く医者に通わなくてはならない、と言われて、「ふだん、全然困ってないしな~」と思い、それっきり医者通いをやめてしまいました。…だいたい、どういういきさつでそういう診断をもらうことになったのかすら、今となってはぜーんぜん、覚えていません…。



大学を卒業し、就職してしばらくすると。
激務と言うより長時間労働と、週3回の吹奏楽団・ビッグバンド通いを平行して生活しだした頃、冬になると妙に風邪を引きやすくなり、あるいは常習的に目が猛烈に痒い、という自覚が出てきました。
たまらなくなって眼科にかかってみたら、「…花粉症です。アレルギー性の結膜炎です。」
その時がくるまで、自分が「アレルギー性鼻炎」だということを、すっかり忘れていました。
そっか。と思って、耳鼻科にかかってみたら、鼻の粘膜が炎症で膨らんで、左はほとんど詰まってると言われ、点鼻薬をくれました。
…いや、びっくり!鼻がすっきりして、ものすごくよく眠れるじゃありませんか!!!(笑)

毎晩、鼻が詰まって眠れないので、寝付くまで何度も寝返りを打って、ごまかしごまかし、息をしていたのでした。それまで風邪を引きやすいと思っていたのは、鼻が詰まって口で呼吸する為に、喉を痛めてしまっていたのだと分かりました。

以来、ひどい風邪に悩まされることは、めっきり少なくなりました。
そして、薬でほどほどに快適になったので、部屋の掃除に励むとか、布団を外に干さないとか、マスクをするとか、帰宅したら埃をはたくとか、…そういうことは一切しないで、
今日まで来ました。…ずぼらだからねぇ(笑)

最近のブログにも書きましたが、息子も花粉症と診断されました。
そこでもお医者さんに、「お母さんの努力で、将来の重症化は、かなり防げます。」と力説されましたが…薬をもらって、そこそこ快適そうなので、相変わらずほとんど何も、特別な事をしていませんでした。…めんどくさいこと、大嫌いなんですから(笑)

ところが。
今日、息子のチェロの、グループレッスンでした。夕方4時から6時半頃まで。
で、いつもは聖蹟桜ヶ丘の京王デパートの駐車場、2階~4階あたりに車を停めるのですが、今日は、屋上に停めに行きました。…ものすごく、眺めがいいんです。風はあったけどお天気が良かったし、すぐ近くの、多摩川を渡る京王線が、とてもよく見えるんですよ。

案の定、子供たちは大喜び。
フェンス際まで駆け出していって、ひとしきり川方面を眺めていました。
そして、戻ってくる時に…どうも娘の様子が変なのに気づきました。
目をこすりこすり…泣きそうな顔になってきました。いったい、どうしたの?
「かゆいの」
みるみるうちに彼女の目が真っ赤に充血してきて…それでも掻くのをやめません。
これは…もしかしたら、花粉症だ。

屋上の風に当たって一時的にかゆくなったのかもしれないから、しばらく様子を見ることにして、レッスンの教室に着くまで10分ほど歩いて、我慢させていました。しかし、時間がたつほどに、目はますます赤くなり、つらそうになり、すぐ何かしなくてはまずい、というところまで来てしまいました。医者に行こうか迷ったのですが…とりあえず近所の薬局に行って、事情を話して目薬を買って来ました。

これ、効くかな?…そしたら本当にありがたいことに、とりあえずかゆみが治まり、楽になった様子。…心からほっとしました。

しかし、それからまもなく。今度は、しきりにトイレにたつ娘に訳を尋ねると、
「鼻水が出ちゃって」(手洗いで、鼻の周辺を洗っていたらしい)
え?…風邪?喉は、痛い?
「だいじょうぶ」
ありゃ。…これも、花粉症かも。

またまた薬局に行き、今度は私が大好きな(笑)漢方薬の「小青竜湯」を、一応薬剤師さんに相談してから買ってきて、飲ませました。
何で好きかって?穏やかに効いて、眠くならないんです。

OL時代、普通の西洋式の鼻炎の薬を飲んでいたんですよ。
でもね、確かに鼻水はぴたっと止まるんだけど、止まるだけじゃなくて、鼻も喉も、粘膜が全部カラカラになって、それがつらい。それに、ものすごい眠気に襲われて、仕事が全然できなくなっちゃった。…いや、そのせいかどうかは怪しいけど(笑)
そういう時に、たまたま試した「小青竜湯」は、飲み始めは「効いてるの?」という感じなんだけど、続けていると、いつのまにか楽になってるし、どちらかというと覚醒作用があるって聞いたような気もする。気づいたら最近、全然お世話になってないんだけど、とにかくお気に入りなんです。

これも幸い、娘には効いたらしく、とりあえず今日のところは治まりました。
…寝るまでの間、目は何度かかゆくなったので、目薬をさしましたが。

これは一度、ちゃんとお医者さんにかかっておかなくては。

それにしても、今までアレルギーなどには全く縁がないと思っていた娘が、こうも急に発症するとは。…今日は本当に、驚きました!!!

皆さまも、どうぞお大事になさってくださいね。

p.s.今日のレッスン、先生のチェロが沢山聴けて、とても嬉しかったです。生演奏だもん(笑)
[PR]
by Caroline-h | 2005-03-10 00:11 | 子ども