娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

恐怖の「くちゅくちゅタ~イム!」

日本全国の小学生に、毎日課される、恐怖の「くちゅくちゅタイム」。
学校から帰って来たら、メガネその他の危ないものを外して、安全なところで、
お母さんに全身くすぐってもらって、大声で思いっきり、笑わなくてはならないのだ。

もし、やらなかったら。
次の日、担任の先生にばれたら、大変なことになるのだ。



「えっ。やってないんですか?!ええっ?!ほんとに???やってないですってぇ~????
…××さん、廊下に立ってなさいっ!!!」

だからみんな黙ってるけど、ほんとは毎日、まじめに「くちゅくちゅタイム」をやってるのだ。
ちゃんとやらなきゃ、だめだよ。
大声でちゃんと笑わないと、子供は丈夫に大きくなれないんだからね。

----
…と言っては毎日、子供たちをくすぐっているんです(笑)

もともと下の息子は、くすぐってもらうのが大好き。
朝起きて、添い寝してる私に、寝ぼけ眼で何言うかと思えば、「…くちゅくちゅ、して」
休日に、退屈した時も、「くちゅくちゅ、して」
ぐずって眠い時にも、「くちゅくちゅ、して」
…なんだかなぁ~と思いつつ、あんまり嬉しそうな声を立ててるので、ついくすぐってしまう(笑)

対照的に、上の娘は、くすぐってもらうのが苦手。
赤ちゃんの頃は、笑い声がとてもかわいいので、しょっちゅうくすぐってて、
当人も喜んでいたんだけど。
最近は、あまりにくすぐったくて困るので、やめてほしいといった雰囲気だった。

でも…上の子っていろいろ、つらいことがあるんだよね。
私も一人目だったから、いろいろ不慣れで(笑)あーだこーだ言ってしまって、本人の素質も
あるんだろうけど…。
生真面目な彼女は、どちらかというと緊張症で、固まってる感じがすることがあるんです。
それにふだんから、いろいろと頭で考えて、我慢したり飲み込んだりしているようで。

…そんな様子がちょっと痛々しくて、どうしたもんかと考えた末の、「くちゅくちゅタイム」。
くすぐられるのが嫌だと言っていたので、どうかなと思ったのですが。
初めに書いたような口上を、まじめくさって言ってみたら…

「ええ~っ、ほんとなの?うそでしょう?」
ほんと、ホントに決まってるじゃん!やらなきゃ先生に、怒られるよ!
「聞いたことないよ~、うそでしょう?」
ほんとだってば!早く、こっちへ来なさい!日本中の小学生は、やらなきゃいけないって法律で決まってるんだから。
「ええ~っ…しようがないなぁ。いやいややるんだからね」

…と、口では言ってたものの、嘘だとわかってるんだけど、くすぐってもらえるのが
ちょっぴり恥ずかしくて、嬉しいらしい。
久しぶりにくすぐってやったら、やっぱり恥ずかしそうに笑って、全身のたうちまわってました。
そして、少し緊張がほぐれて楽になったような感じ。…

翌日以降、「さーて、くちゅくちゅタイム、やるよ!」と怒鳴ると、やはり口では「ええ~っ」と
言いつつも、嬉しそうに近寄ってきます。
息子ほどじゃないけど(こっちはなかなか終わらせてくれないのが悩みのタネ・笑)、
彼女もこうやって、少しくすぐるだけで、なんとなくストレス発散できるような雰囲気が。
私の独りよがりかもしれないけれどねー…。

そういうわけで今日も、布団に入ってから。
「あ、今日のくちゅくちゅタイム、やるの忘れてた!」
「!」
「じゃちょっとだけね、はい、くちゅくちゅ」
「きゃはは」
「じゃ、おやすみ」
「おやすみ」

…明日はいい日でありますように。
[PR]
by Caroline-h | 2005-03-04 23:58 | 子ども