娘が年長の時に描いてくれた私(本物より美人、ありがと☆)コーチ&子育て主婦の小さな思い。コメント・トラックバックは承認制です。リンクはご自由に。【コメント欄には"http"を記入できません】


by Caroline-h
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

それぞれの夏休み

b0009665_1574960.jpg息子の夏休みの絵日記。
分かりにくいと思いますが、彼が普段お世話になっている
チェロの先生のお顔です。
…いいんだけど。
なんで「夏休みの絵日記」に、ほとんど毎週お世話に
なってもう2年になる、先生のお顔を描かなくちゃ
いけないのか?
しかも、この夏の分として、2枚しかない絵日記の1枚に。

彼の言い分は…



「夏期学校のことを描いたんだよ!」と、私の理解が足らないことに不満気です。

確かに、7月末から松本に3泊4日して、夏期学校というところへ行きましたよ。
全国から同じメソードでヴァイオリンやチェロや、フルートやピアノを練習している
人たちが集まって、レベルごとにレッスンを受けましたよ。

全国から集まったよその生徒さんたちとの楽しい交流で
日常の退屈な練習に刺激が与えられる、ということはあります。
理想的には、「みんながんばってるんだ」から「ぼくもがんばろう」という流れですね。
あるいは、「あの楽しい夏期学校に行けるように、がんばろう」とか。

うちの場合、
「温泉!外のお風呂に入ろうね!」
「鉄子さん(先生お手製のダンボール製キャラクター)、来るかなぁ」
というのが、彼の参加の一番の動機じゃないかと睨んでいました。
去年、それで大騒ぎしましたから。今年で2回目なんです。

無論、それぞれ自分たちの先生も参加されるのですが、
先生方はおのおの、レベル別の担当クラスなどを分担して受け持たれるので、
いつもの自分の先生、以外の先生のレッスンを受ける確率が高い。
むしろ、その方の効果が期待される部分もあるわけですが。

たまたま息子は、大好きないつもの先生が、自分のクラスの担当になって…
本当に、嬉しかった!ということなんですね。
それが彼にとって、一番大事なことだったらしい。

…温泉で、大きなお姉さんたちと大はしゃぎしたことよりも、
夜みんなでお菓子を食べたことよりも、そのあとゲームをして遅くまで遊んだことよりも。

学校の担任の先生や、他の人たちに、それを理解してもらえるかは謎ですが。

…今日、声をかけて2枚目を描かせました。
皆さんご存知の通り、昨日はあれだけ楽しみにしていた夕涼み会に行ったし、
昼間のプールでは、伏し浮き・蹴伸びそれぞれ3秒の、白3級に合格したし。
さぞ充実した絵日記が描けると勝手に期待したのですが…
b0009665_2235815.jpg
ヨーヨー釣りで釣った、赤いMYヨーヨー。
背景は先生のお顔のときと同じく、虹色に彩られています。
「キャンプファイヤーは?花火は?」と訊いたら
「…難しくて描けない」

本文を読むと、このヨーヨーが欲しくて、狙って釣れたんだと
書いてありました。納得するしかありません…。

彼なりの、夏休みの思い出の表現なんですね。
私の傲慢さを恥ずかしく思いました。
[PR]
by Caroline-h | 2004-08-28 03:01 | 子ども